忍者ブログ
行き当たりばったりの捜索料理! 日々是どんな料理?
カテゴリー
* こんなもん作った(66) * これ食べた(3) * みつけた♪(2) * いただき物♪(3) * 本(1) * ひとりごと(2) * いってみた(1)
 * ロゴ *
FlyinG CAT HouSe.
 * カレンダー *
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 * カウンター *
 * 最新CM *
[11/11 ここりんこ]
[08/10 チャムりん]
[07/29 チャムりん]
[07/16 みみ]
[06/28 やまささ]
 * プロフィール *
HN:
やまささ
性別:
男性
 * ブログ内検索 *
[80] [79] [78] [77] [76] [75]
2017/09/19 (Tue)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009/08/10 (Mon)
当たったジャンボピーマンを使って作ってみた。


完成予想図にかなり近いものだった!かなり珍しいけど(*^_^*)



材料
ジャンボピーマン(茨城県波崎市産)5個
コンビーフ 1缶
タマネギ 半個
ニンジン 半分
丸麩 2個
マヨネーズ 大さじ2
ゆで卵 2個
塩 少々
胡椒 少々
黒胡椒 少々
粉チーズ 少々



挽肉だと中まで火が通らなかったりするので、

どうしたらよいモノかと考えて、

コンビーフを使ってみた。

もしあれば、油の少ないコンビーフが良いかも。



1、タマネギとニンジンを粗みじんにしてボウルに入れておく。

そのボウルの中にコンビーフを入れて、塩胡椒を入れる。

コンビーフがほぐれるように、手で混ぜる。


DSCN2049
DSCN2049 posted by (C)yamasasa



2、乾燥したままの丸麩を包丁で粗みじんにしたものを1のボウルに入れる。

1で塩を入れたためにタマネギから水分が出るので、丸麩が吸収してくれる。
※NHKでハンバーグ作りを紹介していたときにやっていた。パン粉より癖がなくイイ感じ。


DSCN2051
DSCN2051 posted by (C)yamasasa



3、マヨネーズを大さじ2杯を入れたら、よく混ぜる。


DSCN2053
DSCN2053 posted by (C)yamasasa



4、ゆで卵の白身は粗みじんに。黄身は適当に手で割りほぐしたら、ざっくりと混ぜ合わせる。

麩に水分を吸わせるために5分ぐらい置いておく。タネの完成。



DSCN2056
DSCN2056 posted by (C)yamasasa



5、ジャンボピーマンを半分に切り、種部分だけ取り除く。へたは取らない。

良く水分を取っておく。


DSCN2057
DSCN2057 posted by (C)yamasasa



6、4のタネをピーマンにしっかり詰め、黒胡椒と粉チーズをふりかける。


DSCN2058
DSCN2058 posted by (C)yamasasa



もしこの段階でタネが無くなってしまったら...

ゆで卵(1個)をフォークで潰してから鮭フレーク(適量)を混ぜ入れ、マヨネーズ(適量)で和える。

同じように黒胡椒・粉チーズをふりかければOK。
※これが簡単でうまうま。ただし、やけどに注意。
※2ここにも丸麩を入れても良いかも。


DSCN2059
DSCN2059 posted by (C)yamasasa



7、魚焼きのグリルへ入れ(ただ単に当方にオーブンがないだけ)、

5分ぐらい(ピーマンに焼け目が付く程度の時間)焼けば完成。

ジャンボピーマンなので、少し切り分けても良いかも。


DSCN2061
DSCN2061 posted by (C)yamasasa


挽肉の生焼けも防げるし、冷えてからでも美味しく食べられるのでお弁当のおかずにも良いかも。

ああ、久しぶりの高カロリーだったかも...マヨネーズ使ったし...。

でも高カロリー料理は、ウマウマだよねぇ(^_^)v

罪だわぁ〜♪
PR
この記事にコメントする
name*
title*
color*
mail*
URL*
comment*
password* Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
久しぶりに
こちらにコメントさせていただきました。コンビーフって缶詰から出して、そのまま食べてばっかりでした^^;。今度作ってみようかな♪
ここりんこ 2009/11/11(Wed)09:06:50 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]

* ILLUSTRATION BY nyao *